‘社会制度、インフラ、社会ライフ’ カテゴリーのアーカイブ


瀬戸際にある日本のコロナ対策

2020年3月27日 金曜日
遂に東京五輪の延期が決まってしまいました。確かに世界各国、特に欧州の主要先進国が感染爆発への対応に追われており、選手派遣できない状況になるのは目に見えていましたから、他に選択肢はなかったということでしょう。中止よりはずっとましです。 それにしてもこの新型コロナウイルス、なんと「戦略性」に富む厄介な性質でしょう。多くの感染者は軽症にとどまるため、自覚症状のないまま、もしくは発症しないままで他人...

一般住宅建築市場の実情はかなりグレー

2020年3月18日 水曜日
数か月前から住宅建築関連のプロジェクトに参加しているお陰で、新築・リフォームを含む一般住宅建築市場の実情にかなり詳しくなってきました。   なかなか一般の人には信じがたいでしょうが、大企業になっているハウスメーカーでさえ、先に挙げたサッシ問題に代表されるように「消費者重視」の姿勢が弱く、「とにかく契約さえしてしまえばこちらの勝ち」というスタンスが強いのです。  ...

日本ではなぜアルミサッシを使い続けるのか?

2020年3月11日 水曜日
住宅建築業界では幾つもの問題が秘かに語られている。個人消費者相手のビジネスで金額が大きい反面、リピート取引を期待しにくい(一生涯に2個も3個も家を新築する人はそんなにいない)ため、いい加減な商売をする連中がなくならないとされる。しかしながらリピート客を期待できるリフォーム市場でも似たような問題を聞く。結局、消費者が自ら情報を集めて勉強して、自衛するしかないのではないか。   ...

コロナとデマ:我々は何と闘っているのか

2020年3月2日 月曜日
ようやく大変な2月が終わりました。正直、この時期こんなにヒアリングやミーティングに忙しくなるなんて、年初は思ってもいませんでした。余裕をもって色々とやろうと算段していました。 一方、世の中的には新型コロナウイルスに日本じゅうが振り回されました。いやもう中国発どころか、日本国内で数次の感染が拡がっていますね。 そもそも日本の感染者数は実態よりかなり過少な数値です。検査体制がまったく追い付...

こまめにきちんと手を洗おう

2020年2月21日 金曜日
新型コロナウイルスが着実に感染の範囲を広げています。もう中国だけとかクルーズ船だけの話ではなく、市中にいる一般市民の間に確実に感染者がいると考えておくべきです。 先のブログでもお伝えしましたが、マスクは飛沫感染で人にうつさない社会的エチケットとしての効果と、自分で自分の口などに無意識に触らないようにする予防効果はありますが、空気中の飛沫を防ぐ効果はほとんどありません。感染した人の飛沫(しぶき...

マスクの買占め・転売を許すな

2020年2月10日 月曜日
新型コロナウイルスの流行の兆しが各種報道で囁かれている昨今、不穏な情報が世間の耳目を集めています。マスクが売れすぎて品薄状態だということはちょっと前から報道されていました。なんでも、「中国人旅行者が、新型コロナウイルスの流行が拡がっている故郷の人たちに買って帰るためにすぐに売り切れになる」と。 それはそれで「わざわざ他国で大量買いをするなよ」とは思いますが、何せ実は日本で売られている大半のマ...

新型コロナウイルスに備える

2020年2月3日 月曜日
先週末にはブレグジット(英国のEU脱退)という本来なら「歴史的イベント」がありました。でもこの1週間というもの、ニュースは新型コロナウイルスの話題で持ち切りです。 日本政府の対応には賛否両論ありますが、春節開始前から中国(特に武漢)からの来訪者(または帰国者)が全国を移動しています。したがって潜在的にウイルス感染者は日本各地の観光地と大都市には既に多少はいると考えたほうがいいでしょう。 ...

就職氷河期世代を救済支援することの合理と懸念

2019年12月16日 月曜日
2019年5月に内閣府で「就職氷河期世代支援プログラム」が発表されました。 これ自体は重要かつ良いことで、むしろ遅きに逸した感があるほどです。小泉政権以来の自民・公明連立政権も民主党政権もほとんど無視してきたし、安倍政権もここまでは気にもしていなかったのではないでしょうか。 でも今回の政策は、就職氷河期世代への救済というよりは国の経済政策の一環として、発表された側面があります。『人手が...

韓国人客の激減に振り回される地域はどうすべきか

2019年11月27日 水曜日
<<訪日韓国人観光客が激減した結果、窮地に陥っている九州各地の観光地。日韓関係が抜本的に改善する見込みが立たない以上、思い切って「脱・韓国人客」に舵を切るべきだ>> 日韓関係の悪化により、韓国内では日本製品の不買運動や日本への旅行を自粛することを呼び掛ける反日キャンペーン「ボイコット・ジャパン」が幅広く、かつ根強く実施されている。 その結果、日本を訪れる韓国人旅...

嵐が過ぎ去った今

2019年10月14日 月曜日
ラグビーのワールドカップにおいて開催国・ニッポンが決勝トーナメントに進出することができました。実に嬉しく、日本人として誇りに思えるチームの成果です。ラグビー関係者の皆さんは日の当たらない期間が長かったので、思い切り誇っていただきたいですね。 そんな凄い、国民の誰もが祝福する成果を挙げたのに、翌朝の新聞記事の1面トップにはなりませんでした。そう、台風19号による災害がトップ記事となってしまった...