‘社会制度、インフラ、社会ライフ’ カテゴリーのアーカイブ


コロナ禍が問う政治家の不作為

2020年7月5日 日曜日
東京都知事選でどうやら小池現職知事が当選だそうです。本来このブログは政治的な発言をする場でもないし、ましてや選挙期間中は遠慮していましたが、投票が終わったので、簡単にコメントしても差し支えないと判断します。 現職が出馬しているのだから信任投票的性格になるのは当然で、今回はそれにコロナ対策の出来不出来を問われているはずです。本や週刊誌で叩かれている小池氏の学歴詐称問題は、確かに不誠実さの露呈で...

緊急事態宣言の解除を受けて今すべきこと

2020年5月31日 日曜日
緊急事態宣言が解除されたことで、警戒モードが一挙に緩んでしまったようです。街中に人通りが随分増えたのは完全自粛から解放されたのだから当然ですが、マスクをしていない人も結構います。「ソーシャルディスタンス」なんて忘れたように前の人にくっついて行列している人も少なくありません。 まるで「感染を恐れる時期はもう済んだ」と勘違いしているようです。 残念ながらこの調子では第二波が来ることはほぼ確...

『9月入学制』への移行私案

2020年5月25日 月曜日
「『9月入学』を目的化すべきでない」という論者もいる。しかし、日本の学生の海外留学と外国人留学生の受け入れをしやすくし、ひいては日本の若者と教育現場に多様性の価値観をもたらすという大義は正しく、それが大目的になると考えるので、小生は大賛成だ。問題はその方法論。ここに私案を提示したい。   コロナ騒ぎにより全国で休校が続いた中、「これを機会に世界で主流の『9月入学』を真剣に検討...

コロナ検査を拡充するために今できること

2020年5月10日 日曜日
前回のコラム記事で「日本がコロナ検査に消極的なワケ」というのを書いた。世界の感染専門家の意見や感染抑制に成功している国の事例に背を向けたままでは日本は有効な手を打てない。せめて方向転換のきっかけになればと考えたからだ。 しかし安倍総理の「1日2万人への処理能力アップ宣言」にもかかわらず、現実には相変わらず1万人を大きく下回る程度しかPCR検査は実施されていない。 報道や各都道府県の発表...

後手後手に回る政府の不甲斐なさの一方で、見えてきたポジティブな側面

2020年5月8日 金曜日
ここまでのところ日本は多大な幸運と大部分の良識ある市民の行動に恵まれて感染爆発と医療崩壊には至っておりませんが、いつそうなってもおかしくない瀬戸際にずっとあることは諸々の情報から明らかです。 ではここから日本はどうすべきなのでしょう。日本は自由主義国家なので、中国のような強権的な対策はとれず、彼の国は参考になりませんが、他にも身近にお手本があります。 台湾では水際での封じ込め作戦とIT...

「マスクで安心」は大きな勘違い

2020年4月19日 日曜日
コロナ感染が急拡大する中、多くの「感染経路不明」の感染者が発生しています。問題は、それらのうちの少なくない人たちが、聞き取り調査の担当者に対し、同様のコメントを発していることです。 曰く、「感染経路に心当たりはない。出掛けた際には常にマスクをするなどずっと気を付けていたのに不思議だ」と。報道されていた30代のマッサージ店勤務の男性も、40代の経営コンサル会社の経営者も、50代のサラリーマンも...

居酒屋はなぜ「休業要請」対象から外されたのか

2020年4月12日 日曜日
4月7日に政府は緊急事態宣言を発令しましたが、休業要請の対象業種を巡って、政府と東京都が対立したため、緊急事態宣言に基づく感染拡大防止の具体策が、なかなか確定しませんでした。緊急事態宣言の発令までもたついていた一週間近くの間に、せめて実務的な詰めをやっておけばすぐに動けたはずなのにと歯がゆくてなりません。政府は事態が急を要することを本当に理解しているのでしょうか。 4月10日、東京都は緊急事...

日本がコロナ検査に消極的なワケ

2020年4月7日 火曜日
残念ながら新型コロナウイルスの治療法が確立していない中で、感染拡大を防ぐ唯一の方法は患者およびその濃厚接触者の隔離です。したがって効果的なウイルス封じ込め対策は「クラスター把握→感染者隔離&行動履歴追跡→濃厚接触者の検査」です。欧米の感染専門家の合言葉は”Test, test and test”(とにかく検査せよ)で、とにかく感染が疑われる人を片っ端から検査することがすべての始まりなのです。 ...

瀬戸際にある日本のコロナ対策

2020年3月27日 金曜日
遂に東京五輪の延期が決まってしまいました。確かに世界各国、特に欧州の主要先進国が感染爆発への対応に追われており、選手派遣できない状況になるのは目に見えていましたから、他に選択肢はなかったということでしょう。中止よりはずっとましです。 それにしてもこの新型コロナウイルス、なんと「戦略性」に富む厄介な性質でしょう。多くの感染者は軽症にとどまるため、自覚症状のないまま、もしくは発症しないままで他人...

一般住宅建築市場の実情はかなりグレー

2020年3月18日 水曜日
数か月前から住宅建築関連のプロジェクトに参加しているお陰で、新築・リフォームを含む一般住宅建築市場の実情にかなり詳しくなってきました。   なかなか一般の人には信じがたいでしょうが、大企業になっているハウスメーカーでさえ、先に挙げたサッシ問題に代表されるように「消費者重視」の姿勢が弱く、「とにかく契約さえしてしまえばこちらの勝ち」というスタンスが強いのです。  ...