‘グローバル’ カテゴリーのアーカイブ


中国発のウイルスに振り回される欧米

2020年3月22日 日曜日
私は週に数回はポッドキャストで米国のニュース局の報道を視聴しています。ABC Night Line、MS NBCのThe Rachel Maddow Show(民主党寄り)、Fox News Sunday(共和党寄り)の3つです。米国民の関心のありかや特徴的な政治の動きを知るのに役立ちます。 数週間前までは新コロナウイルスに関するニュースはほぼ皆無でした。たまにあっても、「野蛮な中国人」がア...

スコットランド戦の舞台裏が凄かった

2020年1月23日 木曜日
年末の12月29日(日) に放映されたNHKスペシャル「死闘の果てに 日本vs.スコットランド」をご覧になったでしょうか。とても充実した内容でした。 https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20191229_2 今回のW杯におけるラグビー日本代表の闘いは国内外で熱狂を巻き起こしました。中でも「歴史を変えた」とまで絶賛されたの...

GAFA分割論の皮肉

2019年12月31日 火曜日
<<米国で論争を巻き起こしている「GAFA分割論」。大統領選に向け、富裕層を叩くことで「私は中間層の味方です」と主張するための政治的な動きだが、一部の投資家にとっては深刻なリスクとみなされている。実現の可能性は限りなく低いが、もし実現したら…?>> 最近の米国での論争源の一人、エリザベス・ウォーレン上院議員は富裕層叩き(本人は「不公平な富の分配が専門領域」としている)...

大手ファームとの協業で分かったこと

2019年12月30日 月曜日
今年もあとわずかで終わります。皆さんにとってはどんな年だったでしょうか。 弊社にとっては例年以上に忙しく、充実した年でした。今年の出来事の一つに、あるクライアント・プロジェクトでの大手コンサルティングファームとの協業というのがありました。名前は伏せますが、世界的な大ファームです。 その中長期戦略プロジェクトの性格上、世界での関係業界各社の動向をなるべく正確に理解する必要があったため、そ...

韓国人客の激減に振り回される地域はどうすべきか

2019年11月27日 水曜日
<<訪日韓国人観光客が激減した結果、窮地に陥っている九州各地の観光地。日韓関係が抜本的に改善する見込みが立たない以上、思い切って「脱・韓国人客」に舵を切るべきだ>> 日韓関係の悪化により、韓国内では日本製品の不買運動や日本への旅行を自粛することを呼び掛ける反日キャンペーン「ボイコット・ジャパン」が幅広く、かつ根強く実施されている。 その結果、日本を訪れる韓国人旅...

顔認証技術の発展と危惧

2019年11月16日 土曜日
国民を熱狂の渦に巻き込んだラグビーW杯の終了からはや2週間。その大会期間中に実は色々な先端技術の試行が行われていました。その代表的なものが「顔認証」技術です。   具体的には、大会関係者と予め登録された取材陣が球技場に「顔パス」で出入りできるシステムが使われていました。このシステムが設置されていたのは会場としては東京スタジアムと横浜国際総合競技場の2か所です。どうやら問題なく...

米中対立と日韓対立

2019年9月8日 日曜日
さて世間の最近の話題としては米中対立と日韓対立でしょうか。そのせいで日中間は緊張緩和が進み、一方で米韓関係にも暗雲が立ち込めてきました。 日韓対立と違って、米中の対立は国民感情ではなく覇権争いが顕在化した訳ですので(決してトランプ政権だからではありません)、一時的には多少の妥協や小休止があっても長期的には深刻化する方向です。 覇権を脅かされた時の米国の苛烈な反応は80年代の日米通商摩擦...

EPA発効に伴うビジネス機会を見逃すな

2019年2月3日 日曜日
この2月1日からEUとの間でEPAが発効しました。ワインやチーズなどが値下がりしていますので楽しみですね。 早速、我が家も成城石井に買い出しに行きました。OLや主婦らしき人達がわれ先に買っていました。世の中、消費欲は衰えていないんじゃないかと思えます。 それまで1600円台で売っていた売れ筋のワインを1,390円で大々的に販売しているので、飛ぶように売れていました。チーズも種類が多く、迷ってし...

日立の原発事業に見る優柔不断の罪

2019年1月18日 金曜日
先日、日立製作所本体の業績見通し大幅下方修正が話題になりました。 ポイントは原発事業です。国内はもう新規が見込めないので、政府からも後押しされて海外市場での拡大を戦略として掲げていました。具体的には英国で獲得した増設案件が中核なのですが、福島の事故以来、世界的に(特に先進国では)対策費があれこれと追加され、当初計画からすると建設費用がとんでもなく跳ね上がってしまったのです。 英国政府お...

ゴーン再逮捕の報に接し

2018年12月25日 火曜日
にわかに信じがたいほどの悪質性。これが事実ならもう言い逃れできない! 呆れかえる以上に悲しい気分です。あれだけの難行を成し遂げた大経営者がどうしてこんな私腹を肥やすことにうつつを抜かしていたのか、と。 正直、有価証券報告書の虚偽記載容疑については、堂々と「俺は年額20億円をもらうだけの仕事をしてきた」と株主に主張すべきだったと思いますし、もしそれが多数の株主から拒否されるようなら潔く辞めるべき...