‘グローバル’ カテゴリーのアーカイブ


米中対立と日韓対立

2019年9月8日 日曜日
さて世間の最近の話題としては米中対立と日韓対立でしょうか。そのせいで日中間は緊張緩和が進み、一方で米韓関係にも暗雲が立ち込めてきました。 日韓対立と違って、米中の対立は国民感情ではなく覇権争いが顕在化した訳ですので(決してトランプ政権だからではありません)、一時的には多少の妥協や小休止があっても長期的には深刻化する方向です。 覇権を脅かされた時の米国の苛烈な反応は80年代の日米通商摩擦...

EPA発効に伴うビジネス機会を見逃すな

2019年2月3日 日曜日
この2月1日からEUとの間でEPAが発効しました。ワインやチーズなどが値下がりしていますので楽しみですね。 早速、我が家も成城石井に買い出しに行きました。OLや主婦らしき人達がわれ先に買っていました。世の中、消費欲は衰えていないんじゃないかと思えます。 それまで1600円台で売っていた売れ筋のワインを1,390円で大々的に販売しているので、飛ぶように売れていました。チーズも種類が多く、迷ってし...

日立の原発事業に見る優柔不断の罪

2019年1月18日 金曜日
先日、日立製作所本体の業績見通し大幅下方修正が話題になりました。 ポイントは原発事業です。国内はもう新規が見込めないので、政府からも後押しされて海外市場での拡大を戦略として掲げていました。具体的には英国で獲得した増設案件が中核なのですが、福島の事故以来、世界的に(特に先進国では)対策費があれこれと追加され、当初計画からすると建設費用がとんでもなく跳ね上がってしまったのです。 英国政府お...

ゴーン再逮捕の報に接し

2018年12月25日 火曜日
にわかに信じがたいほどの悪質性。これが事実ならもう言い逃れできない! 呆れかえる以上に悲しい気分です。あれだけの難行を成し遂げた大経営者がどうしてこんな私腹を肥やすことにうつつを抜かしていたのか、と。 正直、有価証券報告書の虚偽記載容疑については、堂々と「俺は年額20億円をもらうだけの仕事をしてきた」と株主に主張すべきだったと思いますし、もしそれが多数の株主から拒否されるようなら潔く辞めるべき...

ゴーン逮捕に思う

2018年12月5日 水曜日
皆さんの「今年のニュース」の候補は何でしょうか。 私がすぐに思いつくのは何といっても「ゴーン氏の逮捕」です。直近の発生ということもありますが、本当にびっくりしたニュースでした。聞いた時は「フェイクニュース?」と思いました。 しかしその後に続いたゴーン氏の報酬や待遇をめぐる様々な情報にはかなり呆れました。「なんと強欲な」、そして「日産のようなグローバル超大企業でこんな我がまま放題がまかり...

米空軍による日本の都市への無差別爆撃の真相

2017年9月17日 日曜日
組織防衛のための立場上の決定が倫理上やってはいけない一線を越えてしまう、そしてそれを恥とも思わない。こうしたことは企業経営でも往々にして起き、それが世間にバレると当該企業の存在を社会が許さなくなる。しかしそれが戦争遂行のために国家ぐるみで行われ、しかもその国家が戦勝してしまうと、そうした非人道的な行為は誤魔化され、装飾され、むしろ称賛されてしまう。それが米軍による原爆投下であり、東京をはじめとする...

ハリケーン「ハービー」がもたらすもの

2017年9月3日 日曜日
先週の米国でのニュースはハリケーン「ハービー」が圧倒していた。この大型ハリケーンは数日間にわたってメキシコ湾上空に停滞し、2005年のハリケーン「カトリーナ」による降雨量の倍以上(約57兆リットル)の雨を降らせ、ヒューストンを中心とする地域に大洪水をもたらし、停電と通信途絶による混乱と孤立を巻き起こしている。テキサス州の避難者は3万2000人を超えたと伝えられている。小生は大学院をテキサス大学(オ...

どん底から復活した町工場、海外進出を狙うまでに

2017年8月22日 火曜日
地方にある製造業を元気にしようという某プロジェクトで、今年は既に幾つかの町工場を訪れている。中にはユニークな技術をベースに元気な町工場がまだまだ地方には少なくない。そんな地方の町工場を採り上げたのが、8/8に放映されたガイアの夜明け「"快適"技術で町工場が復活!」だ。http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20170808.html最初...

東芝はどこに向かおうとしているのか

2017年7月24日 月曜日
優良子会社を次々に切り売りする東芝。経営陣は「上場維持のために苦渋の決断だ。背に腹は代えられない」と言い訳をするのだろう。しかし上場維持を最優先することでスカスカの企業グループになってしまって何の意味があるのか、素朴な疑問が湧き上がって仕方ない。東芝が2011年に買収して子会社化していたLandis-Gyr(ランディス・ギア)をスイス証券取引所に上場させ、60%になる保有株をすべて売却したとの報が...

高度な自治を守るため奔走する“民主の女神”たちに力を

2017年7月1日 土曜日
中国の横暴・強引なやり方に飲み込まれる懸念が強くなっていた香港には、以前から強い同情と関心を持っていた。そんな折、未来世紀ジパングでタイムリーな放送があった。『香港返還から20年"民主の女神"が再び対決...中国の巨大権力!』がそれだ。今回は特に「雨傘運動」のリーダーだった"民主の女神"こと、周庭(アグネス・チョウ)さんが表立って採り上げられていた。)大の日本好きで20歳の若さでありながら、しっか...