住宅業界は旧態依然からまともな業界に変わるのか

2021年12月2日 木曜日
少し前から住宅業界関係のプロジェクト(PJT)に再度関与しており、あれこれと調べながらまとめ役をやっています。PJTメンバー数も少なくないのですが、(他のPJTと同様に)かなり利害関係者が多いので、構造が複雑です。なかなか厄介な課題に日々直面していますが、社会的意義も高く、新しいチャレンジとして楽しんでいます。 PJTメンバーの皆さんは一生懸命やっていただけるので有難いのですが、実は一筋縄で...

お客様の期待を超えるための意識改革とは?

2021年11月12日 金曜日
The Ownerという経営者向けウェブメディアの『経営者のお悩み相談所』というコーナーで執筆した、第30回(私にとっては13個目)の記事をご紹介します。題して『お客様の期待を超えるための意識改革にはどうすべきか?』です。 今回の経営者からの質問は『システム会社ですが、お客様の要望を受け、開発するのが仕事です。お客様の期待通りに対応することが基本で、中小企業であり、限られた予算であることから...

マンション理事長がもたらす不眠の日々⁉

2021年11月11日 木曜日
何ともへんちくりんなタイトルですが、個人的事情ながら少々説明させてください。 昨年の夏以来ずっと、個人的にはキャパの上限すれすれで推移してきた状況をお伝えしてきました。それがこの冬で大きなプロジェクトにおいて他社からの助っ人が少々充実することになり、ようやくひと息付けそうな見込みが立っていました。ところが世の中、そんなにうまくばかりはいきません。 この11月に任期切れになる我がマンショ...

総選挙結果をどう解釈すべきか

2021年11月5日 金曜日
任期満了解散による総選挙の結果が出ましたね。前回勝ち過ぎた自民党は今回相当な議席減を囁かれていましたが、意外と善戦し261議席を獲得、いわゆる「絶対安定多数」を確保しました。 あれだけ悪評の高まった安部・菅政権の4年間の決算としては大した「お仕置き」もされずに済んだということです。岸田さんの「大急ぎ解散」は「御祝儀相場」的な投票行動も誘発しませんでしたが、結果的に功を奏したということでしょう...

日本の伝統工芸の国内・海外市場への訴求点は何か?

2021年11月4日 木曜日
The Ownerという経営者向けウェブメディアの『経営者のお悩み相談所』というコーナーで執筆した、第29回(私にとっては12個目)の記事をご紹介します。題して『国内・海外市場に対し日本の伝統工芸の価値を伝える訴求のポイントは何か?』です。   今回の経営者からの質問は『日本の伝統工芸の国内、海外市場への訴求について。おそらく漆塗りとか技術の訴求では若い人はつかめないと思いま...

一時的大盤振舞いの財源には資産課税強化と国の資産売却を充てよ

2021年10月28日 木曜日
(以下、コラム記事を転載しています) **************************************************************************** 総選挙に際しての「大盤振舞い」オンパレードの与野党の公約には、財源を真剣に考えた様子がまったくない。将来世代への責任を考えたら国債依存のこれ以上の膨張は許されず、所得税・消費税の増税も現実的ではない。...

日本車のデザインはどうなってしまったのか

2021年10月21日 木曜日
最近、とても気になる記事をたまたまニュースサイトで知りました。しかも韓国の自動車専門紙の記事です。 いわく、「2010年代に入って日本車のデザインは…やや不可解な姿に変わっている。パフォーマンスも昔ほど印象的なモデルが出ていないのが事実だ」「多数のモデルが、ガンダムのようなデザインを採用している」「このままで大丈夫か?」と嘆いているのです。加えて「当時は破格的で最先端だったそれら技術が今日ま...

ノーベル賞受賞者・真鍋さんの警鐘に危機感を覚えよ

2021年10月13日 水曜日
(以下、コラム記事を転載しています) **************************************************************************** ノーベル賞受賞の真鍋さんは日本の研究機関と若い研究者の現状に心を痛め、「好奇心に基づく研究に立ち帰れ」と何度も叱咤激励していた。しかしこれは研究者個人に対するものではなく、本当は日本という国家への...

岸田さんはラッキーなタイミングでの登場⁉

2021年10月7日 木曜日
秋が深まると同時に緊急事態宣言も蔓延防止措置も全国一斉に解除されました。そして同じタイミングで自民党の総裁選が決着し、この4日には第100代の首相に指名されました。 今回は久々に党友・党員を含めてのフルの総裁選だったので4人の候補者による政策論争を含めて色々と報道され、自民党への注目度が一挙に高まった格好です。その一方、野党の存在感はほとんどゼロに等しい状況でした。これは来る総選挙においては...

中小企業団体は注力テーマを間違えている

2021年9月30日 木曜日
中小企業団体としては全国中小企業団体中央会(森洋会長)が総まとめ役ですが、実際には政府に対する発言・提言役としては日本商工会議所(三村明夫会頭)が代表格です。 でもこのコロナ禍にあってどちらも政府に対しては「中小企業の経営は大変なので支援してくれ」という主張ばかり前面に立っています。とりわけ11月にも予定される総選挙を前に、「応援するから公共事業や各種補助金は積み増してくれ」「最低賃金引上げ...