2015年10月 のアーカイブ


『日本の観光』はまだまだ未熟

2015年10月31日 土曜日
最近は日本を元気づける意図だろうが「日本を褒め過ぎる」番組が増え、小生は随分違和感を持っていた。しかし、海外ジャーナリストが日本を冷静に評価する番組として、BS-TBSの「外国人記者は見た!日本inザ・ワールド」という番組が10月にスタートしている。TV界にもバランス感覚はあるのだと安心した。10月28日のテーマは『日本の観光』。 今回、初の街頭インタビューを銀座と浅草で行い、外国人記者の声と街の...

急増する外国人観光客をいかに取り込むか、地方の知恵が問われる

2015年10月28日 水曜日
訪日外国人が急増中だ。飲食店、旅行会社、バス会社、自治体等々、これまでにない対応が迫られている。意外なところに外国人が出没し、それに合わせた意外な新ビジネスも出てきている。10月13日放送のガイアの夜明け「意外なところに外国人...新ビジネス現る!」で、2つの取組が紹介されていた。一つ目はグルメ情報サイトの「ぐるなび」。飲食店のメニュー等のホームページ制作が主な業務だが、実はそれだけにとどまらない...

ボヤキに耳を傾けるニッチ農機具メーカーが世界に羽ばたく

2015年10月25日 日曜日
10月22日に放送されたカンブリア宮殿「農家&世界が感動!スーパーニッチ“ものづくり”」を録画で観た。フィーチャーされていたのは筑水キャニコムの包行均(かねゆき ひとし)会長。実に感心した。筑水キャニコムの製品は、全国の様々な果樹園で使われている農業機器。ニーズに極め細かく応じた商品展開で人気を集めている。特に運搬機のジャンルではトップシェアだ。それぞれの機能を表したネーミングで有名だ。例えば、実...

新規事業における素朴な疑問 (7) 向かないタイプをアサインしがち

2015年10月23日 金曜日
あなたは営業部門の責任者だ。来年の人事異動に向けて企画部門から、「新規事業の開発・推進の担当者を営業部門からどうしても1人は出してくれ」と言ってきている。本音は誰も出したくないが、社長の肝いりなので断るわけにはいかない。迷った挙句、「分析もよくできて優秀なはずだが、お客からは今一つ好かれず、数字が伸び悩んでいる」A君の顔が浮かんだ…。あなたが送り出す側でも受け入れる側でも、A君を新規事業担当者にす...

欲しがる人を見つければ何でもレンタルできる時代

2015年10月18日 日曜日
今月からあるシェアリングビジネスに関する調査をやっている。そのために様々な公開資料に現れている事例やら研究、そして記事をむさぼるように読んできた。クルマ、家、服、空きスペース…。誰にも使われずに「ひっそりと眠っているモノ」「一見、価値がなさそうなもの」を「求めている人」とマッチングし、借りてもらうというビジネスが世の中で動き出している。これで成長中のベンチャー企業もいる。使われていなかったモノをレ...

パーティとカゼ菌

2015年10月12日 月曜日
先週の木曜夜にインターウォーズ社の20周年パーティに参加した。思ったより重鎮(なぜか新潟県知事や大企業の社長ら)が数多く参加されていてびっくりした。この会社、こんなに大手と取引があるのだと(弊社自身は、取引なし)。そしてこの会社のビジネスをようやく多少は理解できた(と、挨拶の数人が言っていた通り)。会場で見知った人は少なかったが、それでも数人と再会や名刺交換をした。こうした立食パーティでは相変わら...

あとはISDS条項と農業強化策だ

2015年10月7日 水曜日
TPPの大筋合意が発表された。強気一本やりで合意形成力の弱いフロマン代表に振り回されながらも、根気強く交渉を続け、米豪仲介などに多大な努力を傾けた、甘利担当相をはじめとする交渉団に大いに敬意を表したい。早ければ年内にも事務レベルでの協定案が作成され、日本では1月からの通常国会で審議されることとなる。とはいえ各国での国会承認待ちの上での批准となるので、実際の条約発効は2016年一杯掛かるとも云われる...

ウルトラファインバブルが産業構造を変える!?

2015年10月6日 火曜日
直径ナノレベル~0.1ミリほどの微細な泡を液体に注入すると、信じられないような効果が生まれることが判明しつつあり、実際に様々な産業に革新が起こりつつある。これをウルトラファインバブル(極小の泡)と呼んでいる。半年以上前に、たまたま別の展示会のついでに覗いた会場で、小生は初めて知った。光触媒と並ぶ日本発のイノベーションであり、世界を変え得る、注目すべき技術だ。本日、10月6日(火)に放送されたNHK...

長く愛されるいい品だけを扱う店は幸いなり

2015年10月2日 金曜日
10月1日(木)に放送されたカンブリア宮殿は「長く使える良いものだけを売る!感動百貨店の新戦略」と題し、D&デパートメント会長のナガオカケンメイ氏がゲストだった。この雑貨店の名は知らなかったが、とても興味を覚えた。東京・世田谷の住宅街に「D&デパートメント東京」という生活雑貨店があり、とても人気だという。売られているのは、60年前から作られ続けている鍋や、50年前から形を変えていない醤油差し(でも...