2015年9月 のアーカイブ


日本への興味を増す中国人、中国から離れたい日本人

2015年9月30日 水曜日
9月28日(月)に放送された未来世紀ジパングは「シリーズ"中国異変" 反日中国でなぜ?知られざる日本ブーム」。とても興味深い情報が満載だった。最近の中国といえば「抗日軍事パレード」「経済崩壊か?」といったネガティブなものばかりだったので、意外な中国の側面を教えてもらった気がした。まずは日本のスーパー銭湯「極楽湯」が上海で人気を呼んでいる様子が紹介される。そしてそれに続いて「極楽湯」の運営法をそっく...

消費税論議にみる財務省の深謀遠慮

2015年9月29日 火曜日
財務省案の評判は散々である。確かに「軽減税率に関する代替案を提示せよ」というお題からは外れている。しかし「与党の議論を振り回す」という隠れた目的は既に達成している。そして真の目的である「軽減税率の導入」へと議論は向かいつつある。財務省の筋書き通りに事は進んでいるのではないか。2017年4月予定の消費増税時に合わせて導入する軽減率案として財務省が提案した「日本型軽減税率制度」に対しては、与党からも識...

どん底を知る経営者たちは何をも恐れない

2015年9月26日 土曜日
9月24日に放送されたカンブリア宮殿は10周年記念の「波乱万丈スペシャル~あの時があるから今がある~」。10周年を迎えたカンブリア宮殿では400人を超えるゲストが様々なエピソードを披露してきた。今回の放送では、紹介しきれなかった珠玉のエピソードを選び抜いて見せてくれた。スタジオには2人のゲスト。ニトリホールディングス社長の似鳥昭雄(にとり あきお)氏と、ハイデイ日高の会長、神田正(かんだ ただし)...

人工知能の将来を語るには早すぎるのか

2015年9月25日 金曜日
今週、東工大にて開催された「人工知能は企業の味方なのか?」というシンポジウムに参加した。 http://ac.nikkeibp.co.jp/kd/ai0924/「近未来の人工知能のビジネスへの応用と、そのチャンスを見出す」という触れ込みに、つい足を延ばした次第だ。サプライズはなかったが、満員の会場を見て、世の関心の高さに改めて触れた感じがした。講演者は次の3人。はこだて未来大学 学長、中島秀之氏。...

調理ロボットは使い方次第でこんなに実用的

2015年9月22日 火曜日
最近、サービスロボット(産業ロボットではない)に関する資料を色々と当たっている。そんな中、ワールドビジネスサテライトの特集「変貌する外食のいま」の第1夜(9/21)で調理ロボットを採り上げていた。これは普及しそうだ。東京・墨田区にある刀削麺荘唐家 錦糸町店。客で賑わう店の名物は中国発祥の刀削麺。包丁で麺を削り出して作る、あれだ。店の奥で動くのは人形らしきもの。料理人に交じって働く調理ロボットは黙々...

サイバーセキュリティーのプロは気の休まる時がない

2015年9月20日 日曜日
9月19日(土)に再放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」は面白かった。題して「不屈の“トップガン”、サイバー攻撃に挑む」。サイバーセキュリティー技術者・名和利男氏(44)をフィーチャーした。サイバーセキュリティー技術者の中でも最高の技術を持つ“トップガン”と称され、日本のみならず世界からも注目を集める、名和氏。元々は自衛隊のサイバー部隊出身だという。その仕事の大きな柱の1つは、サイバー攻撃...

地域づくりの熱血リーダーの源は現場取材力

2015年9月19日 土曜日
最近関わっているプロジェクトの一つにて地方活性化がテーマになっている。そのせいもあり、また元々東北には縁があり、NHKの「東北発 未来塾」を時折観ている。9月14日(月)に放送された「地域づくりのチカラ」第2週は「哲ちゃん館長 熱血教室! 地域を“自立”させるには?」。熱血カリスマ・リーダー、豊重哲郎さんから学ぶ「地域づくりのチカラ」はとても納得性の高いものだった。舞台は鹿児島県・柳谷集落。日本中...

「無水調理」で売るか、「自動調理」で売るか、シャープの新型調理鍋

2015年9月18日 金曜日
9/17(木)に発表されたシャープの電気無水鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT99A」(11月5日に発売予定)はなかなか興味深い商品だ。http://www.sharp.co.jp/corporate/news/150917-a.htmlメニューをセットすることで、自動で火加減が調整され、無水調理できる電気無水鍋だ。店頭予想価格は6万円前後(税抜)とちょっとお高いが、非常に手軽、かつ試食した人...

中国「バブル崩壊」は紛れもない事実だ

2015年9月17日 木曜日
中国が引き金となった世界同時株安が多発している。ついに世界中が懸念していた「バブル崩壊」は始まったのか。そんな中、9月14日(月)に放送された未来世紀ジパングは『中国「バブル崩壊」の真相...知られざる裏側を緊急取材!』。実にタイムリーな緊急企画だ。まず見せられるのは、国を挙げた都市計画のもと、ヨーロッパの街並みそっくりの模倣都市=フェイクタウン(こういう悪趣味な都市が幾つもあるのが模倣を恥ずかし...

新規事業における素朴な疑問 (6) 曖昧な事業像の描き方

2015年9月16日 水曜日
新規事業に取り組む大企業の行動パターンに関する素朴な疑問シリーズ、その6つめは事業構想案の可視化のやり方のブレ。部門によって異なるどころか、同じ部門でも人によってバラバラ。しかも考察不足のせいもあって、何を言いたいのか分からないことさえある。 小生が手伝う新規事業開発プロジェクトでは、クライアントのニーズによってプロジェクトの枠組みも進め方もかなり違っている。 最初からある程度事業...