2015年7月 のアーカイブ


TPPにおいてISDS条項は制御できるのか

2015年7月29日 水曜日
世上取沙汰されている交渉事項に隠れているが、TPPの本当の問題点はISDS条項である。妥結を焦るあまり、うっかり受け入れてしまうと、国の政策が振り回されてしまいかねない危険をはらんでいる。先進国を含む多国間協定にこの条項は相応しくなく、もし訴訟乱発を防ぐ歯止め策をきちんと構築できないのなら、むしろ排除すべきである。安全保障関連法案の取扱いで支持率を急低下させた安倍政権が今、政権再浮上の鍵を握ると注...

OB/OG会にて考えたこと

2015年7月24日 金曜日
昔勤めた会社のOB/OG会に出席した。新入社員時代から数えると35年ほどになるので、比較的最近会っている一部を除き、随分と皆さん、(自分を含めて)変わり果てた姿になってはいたが、さすがに昔の面影を残しているものだった。話が盛り上がる頃には年代と性別を反映した話題にそれぞれ集中していたようだ。大半がサラリーマン人生の男性陣は、定年退職と再就職。年齢的には難しいはずながらも、当人の業績や評判、それに昨...

廃棄家電に見る、愚かしき人間の哀しさ

2015年7月19日 日曜日
7月2日(木)に再放送されていたBS世界のドキュメント「廃棄家電の悲しき行く末」(原題:E-Waste Tragedy)を観た。少しは予想していたとはいえ、やっぱり環境的もしくは人権的に凄まじい現実を知らされただけでなく、我々先進国の人間にとっても恐ろしい事態になっていることも教えられた。アメリカやヨーロッパの家電製品が大量に不法投棄されるガーナから番組は追及を始める。その廃棄ルートをたどっていく...

再生する中央アジアの息吹が感じられた

2015年7月17日 金曜日
「井浦新 アジアハイウェイを行く」の第三弾、「中央アジア 再生への道」を観た。今回の舞台は、旧ソ連からの独立後25年目を迎えた中央アジアを俳優・井浦新氏が自然体で巡ってくれた。ウズベキスタンで出会ったタクシー運転手の家族、カザフスタンで出会った建築現場で働く労働者、キルギスの市場で出会った娘の嫁入り支度をする母親。いろんな人たちに「25年で変わったもの、変わらないもの」を彼は問い続けた。建設ラッシ...

ドイツ、見習うべきところが多い工業大国

2015年7月16日 木曜日
7月13日に放送された「未来世紀ジパング」は「池上彰2Hスペシャル!"知られざる注目国"」の第一弾、「ヨーロッパの"主役"ドイツ」だった。幾つもの示唆があり、興味深い番組だった。最初は「世界で一番行きたい」名所にも数えられる「ロマンチック街道」。その中核は中世の街「ローテンブルグ」。世界中から年間200万人の観光客が訪れ、日本人の観光名所となっている。ノイシュヴァンシュタイン城の姿はワーグナーのC...

故障続きでも可愛い愛車、シトロエン

2015年7月15日 水曜日
車が故障した。運転席側のパワーウィンドウが完全に下りたまま、少しも上がらないという現象である。したがって、この暑いのにエアコンが利かない。矢も楯もたまらず、ディーラーの整備部門に持っていった。週末にせっせと作業を進めたお蔭で何とか「宿題」を終わらせ、せっかく空いた時間だったが、リラックスどころか、ディーラーのショールーム(むしろ寒かった!)で診断待ちと整備担当者との相談に3時間ほども費やす羽目にな...

新国立競技場計画の破綻と“ごまかし”

2015年7月13日 月曜日
東京五輪・パラリンピックのメイン競技場となる新国立競技場の建設計画。抑制されたはずの建設コスト見積もりにも、建設完了後の収支計画の説明にも、明らかなごまかしがある。2520億円に膨れ上がった総工費に対し財源確保の見通しはいまだに立っていない。1000兆円という空前絶後の負債を抱える国家でありながら、財政再建に取り組むどころか、不必要な巨額赤字をなお積み上げようとするのは世界中のもの笑い以外の何物で...

今、ビジネス現場がドラマとしてホット?

2015年7月11日 土曜日
ちょうどTVドラマの改編期で、新しいシリーズがどんどん始まっている。小生の家族の中では今、小生自身が一番集中的に録画したドラマを観ることができる。今日はその初日として、なんと3つも新番組を観た。たまたまだが全部、ビジネス現場を描くものだが、舞台は随分異なる。一つ目はTBSの「ホテルコンシェルジェ」。主演女優の名は知らないが、何度か観たことがある人だ。ホテルに勤めて何年かした主人公の女性が、ホテルの...

リピートされない観光地に輝く将来はない

2015年7月6日 月曜日
小京都といわれる有名観光都市、K。一般人が勝手に持つ優良な観光地イメージと違って、実際に最近行ってみたばかりの若者の評判は芳しくないようだ。リピータのない観光地に輝く将来はない。小生の娘は旅行好きの大学生だ。つい先日も友人と一緒に2泊3日でKを旅行してきた。帰京日に羽田空港に迎えに行った(何と甘い親でしょう)帰り路の車中で、楽しかった珍道中の出来事をあれこれと語ってくれた。機関銃のように次から次へ...

文房具好きの聖地は魅力にあふれている

2015年7月4日 土曜日
7月2日(木) に放送されたカンブリア宮殿は「東京・銀座で111年 進化を続ける文房具のテーマパーク」。ゲストは伊東屋社長、伊藤明(いとう あきら)氏だった。文房具好きの聖地、銀座・伊東屋本店。今年6月に新装オープンし、現在の店の様子と商品、裏手にある別館(万年筆や地球儀などを集めた「大人の隠れ家」です)を併せて紹介してくれた。伊東屋の魅力は、社員が間違いなく文房具オタクであること。ユニークな商品...