2014年3月 のアーカイブ


一流のデザイナーと現代のテクノロジーが繊維産業をよみがえらせる

2014年3月31日 月曜日
3月30日(日)に放送された夢の扉+(プラス)は『世界が“一流アート”と認める日本人デザイナーの“布”伝統技術×革新的デザインで、繊維産業をよみがえらせる!』と題して、テキスタイルデザイナーで東京造形大学 教授でもある須藤玲子さんをフィーチャーしました。世界中の名立たる美術館に計200点も永久収蔵され、「一流アートだ!」と賞賛される、“メイドインジャパン”があるといいます。それは、日本の技術でしか...

強欲さと自分勝手さが生み出した「中国三大問題」に日本はどう対処すべきか

2014年3月20日 木曜日
3月17日放送 の未来世紀ジパングは“緊急拡大スペシャル!「中国三大問題」を総力取材”と題して、その知られざる衝撃の現場に迫るものでした。中国が抱える三大問題とは、「危険食品」「大気汚染PM2.5」「経済失速で就職難」です。水の汚染問題が欠落しているのは大きな疑問ですが、現時点で目立つ緊急問題ということでこの3つなのでしょう。一つ目は中国で蔓延す食の安全問題。今、中国で摘発が相次いでいるのが中華料...

砂漠の中のエコシティは未来先取りか、幻想の街か

2014年3月19日 水曜日
3月18日(火)に再放送されたBS世界のドキュメンタリー『マスダール・シティの挑戦~砂漠の持続型都市~』を録画で観ました。アラブ首長国連邦(UAE)の首都・アブダビ郊外の砂漠の真ん中に出現した町はゼロエミッション。すなわち自給自足の最先端のエコ学園都市を作る、という話でした。とても夢のある都市計画でなかなかワクワク感がありました。世界中でエコシティの実証実験は進んでいますが、ここのは規模が大きい(...

道路インフラを考える(1)新設はせず、維持管理を優先せよ

2014年3月18日 火曜日
日本の道路インフラはこれから危機的状況を迎えようとしています。今ある分の維持だけでも膨大なコストに上りそうで、今の体制・予算ではとても面倒を見切れません。それでも新設したい自治体は、国に頼らない方法を模索すべきです。東日本大震災から3年、いっこうに復興が進まないという声がそこかしこで聞こえます。「国土強靱化」の掛け声と景気回復に背中を押された建設ラッシュによって、人手と資材、建機や輸送車などが奪い...

君はなぜ韓国企業に「身売り」するのか

2014年3月14日 金曜日
韓国・中国企業への技術盗用は近年問題視されながらも、今回の東芝のように提訴まで至らずに日本企業が泣き寝入りすることが多いようですが、技術者の転職がその主ルートになっている模様です。なぜこうした技術情報の流出を伴う転職が頻発するのか。日本企業の脇の甘さも指摘されますが、韓中側の誘惑に乗りやすい技術者の「希望的」勘違いもありそうです。以前、某有名メーカーで働く知人から相談されたことがあります。技術者と...

ニッポンのスーパードクターは世界を駆ける

2014年3月12日 水曜日
3月10日に放送された未来世紀ジパングは"世界を救うニッポンの医療"第三弾。「世界を救うニッポンのスーパードクター」と題し、日本のスーパードクターが世界を飛び回り、その国の医療レベルでは不可能だった治療や診断に挑戦し、命を救う様子を伝えてくれました。今回は2人のスーパードクター。1人は日本で人気の亀田総合病院のエースで、"がん大国"と言われるミャンマーへ。もう一人は生体肝移植の世界的第一人者で、"...

ネットワーク化&IT化された在宅医療が高齢者の生活と「死に方」を変える

2014年3月9日 日曜日
3月6日のカンブリア宮殿は「ニッポンの超高齢社会を救え!異色の経歴の医師が挑む医療革命!」と題し、祐ホームクリニック理事長・医師、武藤真祐(むとう・しんすけ)氏がフィーチャーされていました。確かにこの人、経歴がちょっと変わっています。武藤医師は6歳のときに野口英世展を見て医師になることを決意。 東大医学部卒業後、天皇の侍医として活躍したそうです。しかし医療の現状に満足せず、医療の世界を飛びだしてマ...

太陽光と風力だけでは再生可能エネルギーは絶対的に不足

2014年3月7日 金曜日
3月4日(火)放送のNHK「クローズアップ現代」は「なぜ進まない 再生可能エネルギー」でした。新聞やTVのニュースでは分からなかった事実をこの番組は教えてくれましたが、同時に大きな疑問も残しました。3年前に起きた福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、国は再生可能エネルギーの促進へと大きくかじを切りました。 普及の起爆剤と位置づけた太陽光発電ですが、実際に発電できているのは、僅か2割にとどまってい...

官民の防犯カメラをネットワーク化せよ

2014年3月6日 木曜日
柏市の連続通り魔事件は警察の頑張りで、発生から2日で逮捕という幕切れになりました。でも今のままでは捜査陣が後手後手に回る構造は改善されません。公共の街頭防犯カメラだけでなく、街頭を映す位置にある民間の防犯カメラも併せてネットワーク化し、犯罪捜査にとってより有効な仕組みにして欲しいものです。3月3日深夜に発生した千葉県柏市の連続通り魔事件は一時、周辺一帯の住民を恐怖に陥れましたが、5日午後には被疑者...

和牛はWAGYUに対抗できるか

2014年3月5日 水曜日
2月28日放送のガチアジア(NHKらしくないネーミングですが)は、「和牛 VS WAGYU アジア 牛肉市場をめぐる攻防」でした。日本が世界に誇る「和牛」をめぐり、オーストラリアで作られた「WAGYU」が対抗しており、相対的な低価格で香港などで市場を拡大しています。番組は牛肉市場をめぐる「和牛」と「WAGYU」の攻防に迫るものでした。国は2020年までに牛肉の輸出量を今の5倍にまで増やす目標を掲げ...