2012年7月 のアーカイブ


セキュリティ/DLP(Data Loss Prevention)技術の会社

2012年7月30日 月曜日
こんなメッセージをfacebookでも出している。情報をお持ちの人、何か思いつく人、コンタクト戴きたい。(English follows)*************************************************************************凄いセキュリティ技術を保有している会社があります。合弁相手と​なる、または技術を買ってくれるIT会社はありませんかね...

五輪の熱狂は万国共通か?

2012年7月29日 日曜日
ロンドン五輪。テレビもインターネットも半分占拠されているようなニッポン。しかしこのタイミングで南仏に避暑に出掛けた人からは、「日本選手の活躍がTVで放映されないし、たまに映ってもフランス語ばかりでさっぱり分からない」と贅沢な悩みがFBで届けられた。確かにどの国でも自国選手の活躍が気になるもの。フランス選手も活躍する柔道を除けば、日本選手の活躍をフォローするにはインターネット中継で追い掛けるしかなか...

原発比率3案に対する経済団体の反発に思う

2012年7月28日 土曜日
政府が示す「2030年における原発割合の3選択肢」に対し経済団体が強く反発している。昨日、経団連と日商がそれぞれ、「3案とも現実性に乏しい」と批判する意見書をまとめ、政府に提出した。経済同友会でも似たような批判が強く、近く意見書をまとめるそうだ。2つの意見書によると、最も保守的な「原発割合20~25%案」でさえより現実的なものに再構築せよとされ、ましてや「0%案」や「15%案」は責任ある政府が選択...

「アンプのサンスイ」の栄枯盛衰

2012年7月27日 金曜日
少し前、サンスイの破綻に際し元社長のインタビュー記事がビジネス雑誌に載っているのを読んだ。89年にサンスイが外資投資企業傘下に入ったことがセンセーショナルに歩道されたことを思い出したが、記事によるとその経緯が説明されていた。元社長によると、その破綻の原因は4つ。①安価な一体型オーディオ製品の登場。②上場後の拡大路線で価格競争に陥ったこと。③急激な円高。④労働問題で足を引っ張られたこと。他の業界でも...

白物家電の近未来

2012年7月26日 木曜日
では家電業界の例えば10年後の将来図はどう変わるのだろうか。さすがに家電業界全体だと広すぎるのと、その中で情報家電を中心に新しいカテゴリーがまだまだ生まれる可能性を考えると、とても予想すること自体が現実的でないと感じる。もう少し範囲を限定して予想できそうな領域として白物家電を考えてみたい。この業界は情報家電に比べイノベーションの度合いが限定されてきた。この10年程度で出てきた「発明」を思いつくまま...

自動車の未来は家電と同じか

2012年7月25日 水曜日
日本の自動車産業が韓国勢の攻勢に押され気味になっている状況がここ数年続いている。特に現代自動車の品質・デザイン面の躍進振りは凄いものがある。日本市場はともかく、欧米市場と一部の新興国では着々とシェアを伸ばしている。その後ろには中国勢が控えている。そうした状況が多くの人に、サムソン電子とLG電子に押されまくってしまった上に巨額赤字を計上し、リストラ旋風が吹き荒れている家電業界を思い起こさせるようだ。...

提案書完成顛末

2012年7月24日 火曜日
10数年振りに、週末(土日)通しで提案書作成。月曜朝一番でようやく完成し提出。その日にプレゼン。なんと凄まじい、品質管理上よくないパターンで、今日はぐったり気味。以前よく同僚や部門のメンバーに「こういうパターンだけはしないよう」とか言っていたくせに・・・。でも申し開きをさせてもらえば、自分のパートはとっくに完成していたんだよ!と言いたい。それに中身とプレゼンはどうやら好評だったみたいなので、報われ...

都市を冷やす技

2012年7月23日 月曜日
また暑い夏が間近に迫っている。既に先週でも、首都圏で35度前後という人体のような気温が報じられていた(我が家は高台の上にあるため、そんな日中でもエアコンいらずだが、それは特殊な例だろう)。節電との兼ね合いが気になる世相を反映し「都市を冷やす」テーマのTV番組が幾つかあり、興味深く観た。まず紹介されていたのはビルや個人宅の屋上のグリーン化。屋上庭園は元々人気は高いが、(新築時はともかく)追加建設コス...

被ばく線量偽装

2012年7月21日 土曜日
何とも呆れかえるニュースが続く。今度は原発事故処理に絡む、被ばく線量の偽装である。東京電力福島第一原子力発電所の事故の収束作業で、工事を請け負った会社(ビルドアップ社)の役員が、作業員に対して、線量計に放射線を通しにくい鉛のカバーをして被ばく線量を少なく装うよう指示していたことが判明したとのことだ。同社社長によると、去年12月、役員が作業員に対して、各自が身につける線量計に、放射線を通しにくい鉛の...

自公民3党の消費増税合意の本音

2012年7月20日 金曜日
消費増税法案の審議が参議院の特別委員会で始まり、自公民3党の本音が露わになってきた。本来、消費税5%増税による増収分を全て社会保障の財源に充てると政府は主張してきた。しかし自公2党との法案修正合意過程で付則18条2項というのを付け、そこで妙なことを謳っている。いわく「…財政の機動的対応が可能となる中で、…成長戦略並びに事前防災及び減災等に資する分野に資金を重点的に配分することなど、我が国経済の成長...