2012年6月 のアーカイブ


ゼミOB会にて思ったこと

2012年6月30日 土曜日
本日は2年振りにゼミの同窓会に出席した。山澤先生は引退生活も楽しんでおられること、最近もAPAC関係で招待されてモスクワとカザンを訪れたついでに各1週間滞在されて、なんと「地球の歩き方」を参考に歩き回わられたそうな。75歳とは思えぬ、大したお元気さである。出席者は20名前後だったが、さすがに少しずつ平均年齢が上がっており、もう定年になったか間近という人が2割近かったかと思う。中堅クラスでさえ、もう...

生レバー狂想曲

2012年6月29日 金曜日
7月1日から生レバーを飲食店で出せなくなることに伴い、ちょっとした駆け込み需要が発生しているそうだ。食べ納めとばかりに焼肉屋では生レバーの注文が殺到し、店もここぞとばかり仕入れた生レバーがどんどん売り切れになり、一種のバブルである。「生レバー禁止例」に対する反対署名運動も展開されているそうである。いわく「新鮮な生レバーであれば問題ないので、管理を厳しくすればよい」とか「食文化に政府がくちばしを挟む...

「政治家が今すべきこと」

2012年6月28日 木曜日
政治テーマを続けよう。最近ビジネス雑誌で読んだ、さわかみ投信会長・澤上篤人氏の「政治家が今すべき5つのこと」に大筋で賛同する。1.消費税は社会福祉税に切り替えて、毎年2%ずつ引き上げて15%にまでもっていくこれにより少子高齢化による社会福祉関連費を賄う。食料などは軽減税率を適用。2.国民共通番号の導入を急ぐこれにより税の徴収漏れや生活保護の不正受給などを一掃。クロヨンと呼ばれた税負担の不公平感も解...

「民主党の現状」への「人びとの感想」に思う

2012年6月27日 水曜日
消費増税法案が衆院を通過したこと、そしてその際に大量造反者が出たことに伴い、報道では人びとが民主党への失望感や先行き不安を語っている姿が目立つ。それを見て聞いて思うことは、「みんなそんなに民主党に期待して投票していたんだ」という驚きであった。小生は先の総選挙では民主党に期待も投票もしなかった(もっとも、自民党にも期待できなかったが)。彼らのマニュフェストがあまりに嘘臭かったし、財源についてあまりに...

「BPMプロジェクト企画ワークショップ」を終えて

2012年6月26日 火曜日
5月から隔週で実施していた、全3回コースの「BPMプロジェクト企画ワークショップ」が完了した。https://bpm-j.smartseminar.jp/public/seminar/view/96今回は全く新規にプロジェクトを立ち上げる未経験者だけでなく、部分的(または非公式)にBPMプロジェクトに取り組んでいた方が含まれており、苦労話も少し聞けたのが参加者としては新鮮だったかも知れない。いずれ...

いまだローカル?日本の大企業

2012年6月24日 日曜日
昨夜は20数年振りに会うUT-Austinのビジネススクール時代の同級生夫婦と食事をした。彼らは当時クラスメート同士で付き合っており(こうした例は稀)、卒業後に結婚し、今や2人の高校生の父親・母親である。ダンナが経営する会社が比較的最近、日本企業に買収されたのだ(名誉なことである)。それで時折日本には来ていたが、今回初めて夫婦揃って来日したので、久々に会おうという話になったのだ。小生以外にも、当時...

LINEのポテンシャル

2012年6月23日 土曜日
Facebookのことを書いたので、ついでにLINEについても書いてみたい。使っている人も多いと思うが、スマホで使える無料通話・通信のためのアプリである。Facebookと同様に急成長中であり、しかも珍しく日本発で世界に広がりつつある。開発者はNHNジャパン、旧ライブドア社を吸収合併した韓国企業の日本法人である。つまりあのポータルlivedoorやlivedoor blogなどの運営会社でもある。...

Facebookはどこへいく?

2012年6月22日 金曜日
相変わらずFacebookでのfriend requestがよく来るのだが、半分以上は全然知らない人である。過去所属した学校や会社などでかぶっていた人たちのようである。もちろん大学院や大学の同窓生からのコンタクトは嬉しく、昔一緒に仕事をした人達とコンタクトが再興するのも、Facebookならではの有難さである。だからこそ退会はしないだろう。今後もこうしたconnectionsが増えるのを期待したい...

大局観と後講釈

2012年6月21日 木曜日
先週の木曜、BPIA主催による第6回 The業務革新セミナーにて「ビジネスモデルを変える大胆な業務改革プロジェクト」を講演した。同じ日本に本社を置く精密機器メーカーだがサイズも背景も全く違う2つのSCM改革事例を詳しく説明したものである。A社は中堅メーカー。故障・欠品・在庫過多といったSCMの問題オンパレードという事態。因果関係分析を切り口にバリューチェーンに沿っての全社的な「悪循環の構造」を明ら...

「SIerのビジネスモデルとしてのBPM」考

2012年6月20日 水曜日
今週、ある大手SIerの幹部と意見交換をした。BPMを本格的にやりたいそうだ。でも現在は、リソースほぼゼロ状態である。そこでどうすればよいかを考えるにあたって小生に意見を求めたのである。実は同様のことを考えているSIerは1社や2社ではない。こうしたSIer向けセミナーが成立するくらいである。https://bpm-j.smartseminar.jp/public/seminar/view/25し...