外国人観光客が来なくともオリ・パラは開催すべし

遂にオリ・パラ開催時の一般外国人観光客の受け入れ断念を政府・東京都・組織委員会が決め、IOCも了解したようです。実に残念です(個人的には、感染対策が進んで感染者が極端に少ない国や、ワクチン接種が先行している国からは条件付きで訪日してもらいたいと思っていました)が、決まったものは仕方ありません。
⇒(海外訪日客との交流を目的として)以前から宣言していたオリ・パラ期間の私の休業は一旦、棚上げします。

それにしても、緊急事態宣言が発令された前後から、国内では急速に「オリンピックなんかやっている場合か」とか「訪日外国人のインバウンドが見込めないなら開催は無意味なので中止せよ」などという暴言がネットを中心に飛び交っていました。出場資格があるアスリーツの方々がどれほど肩身の狭い思いだったか、心が痛みました。

実は私は、五輪招致活動には反対でした(次世代に借金を残すネガティブな効果が大きいため)。でもいったん東京開催が決まったからには、世界のアスリーツ達と関係者のために、国として責任を持って行うべきだし、国民も楽しみながら協力すべきだと考えています。

それは現下のコロナ禍の状況でも同じです。徹底的な対策をし、たとえ観客が半分に減らされようとも(最悪は無観客でも)実施すべきと考えます(もちろん、直前に首都圏直下型地震が来なければ、の条件で)。それが招致した開催国としての責任です。

「インバウンドが見込めないから開催中止せよ」と吠える連中は、自分たちの経済的利益しか考えていないので、そんな無慈悲なことを平気で言えるのだと思います。実に恥ずかしい限りです。

日本だけでなく世界から来るアスリーツ達はこの数日間のため、いや自分の出場する数分のために何年間も犠牲にしてきたのです。同世代の若者が楽しんでいる間も、それこそ血の滲むような努力で自分を追い込んできたのです。

是非とも彼らに日ごろの鍛錬の成果を披露する場を与えてあげようではないですか。心から彼らを歓迎し、その努力を祝福してあげましょう。彼らはそうした思いやりに値します。